Chain Reaction Cyclesから荷物

先日、久々に自転車で散財いたしました。

自転車乗ってなかった2ヶ月間ですっかり太ったので、軽量パーツで相殺しようという浅はかな魂胆。
何ならフレーム買っちゃう?なんて思ったりもしてたんですが、どうせ買うなら良いものを…なんて思うとフレーム単体でも結構なお値段。
それより何より1年も乗らずに今のフレームをブン投げるのはメルクス御大にも申し訳が立たない。

となるとやはりパーツ類。

登坂のことを考えるとコンパクトクランクが気になるところ。
ただ、今ついてるミラージュは当時のカンパのエントリークラスのモデルで、互換性のあるコンパクトクランクがあるのかどうかも分からず。
仮にグループセット総取っ替えするにしても、カンパニョーロはイヤーモデル制なので今時分に買うと間もなく2011モデルが出てきちゃう。らしい。
そりゃ困るわ〜。ということでこれは様子見。

そんなこんなしてるうちに海外の有名通販サイトが続々とセール開始。
ちょうど仕事に出てくるぐらいのタイミングでメールが届くので、うっかりすると午前中はサイトを巡回してて過ぎちゃったりします(仕事しろ)。
そんな中、Chain Reaction Cyclesで発見したのがSella SMPの新型サドル”Forma”。

SMPのベストセラー”Composite”の改良版とのこと。
パッド無しのハードコアモデルだそうですが、”しなりで重量を分散”、”サドルが消える” 云々…なんていうのを見ちゃうと俄然購買意欲が増すというもの。
今考えると薄パッド入りの”Evolution”辺りにしといた方が良かったんじゃないかとも思いますが…

気がつくとサドルの他にもセール商品をちまちまとお買い上げ。
注文したのが今月の11日だったので、前例から言えば20日前後には届くはず…だったんですが、10日経っても気配すらなし。
んで注文履歴をチェックしてみたら、そもそも発送待ち状態で、まだ来日すらしてませんでした。
すわ欠品?と思いましたが、発注時に欠品になってないのを確認して注文したはず。注文書上でも在庫ありにはなってる。
明日にでも確認のメール打とうと思い寝て起きたらば先方からメール。

やはりというか、オーダーした商品の1つに在庫の不整合が発生し、ショップ上では在庫ありだったのが実際には欠品だったということでした。
同等の在庫あり商品に差し替えをお願いしたところその日のうちに発送されました。

今回の件で知りましたが、Chain Reaction Cyclesにも日本人のスタッフがいらっしゃるようです。
英語でメール書くのめんどくせーなーと思ってましたが、バッチリ日本語で話が通じるようになりました。
素敵です。

んで、発送から7日目の本日に無事荷物到着。
お詫びってことで£5のクーポンコード添付されてました。ありがたく貰っておきます。

今回のお買い物は

・Selle SMP Forma (サドル)
・Tacx Tao×2 (ボトルケージ)
・Tacx Shiva bio bottle (ボトル)
・SwissStop Green HP Brake Pads (ブレーキパッド)
・BBB TorqueFix (トルクレンチ)

の5品。

注目のSMP Formaは今付いてる同じくSMPのExtraと比べると厚みは半分ぐらい、重さも150gほど軽量化となりました。
サドルの取り付けはとりあえずExtraと同程度の位置・角度で、厚みが減った分だけサドル高を上げてみました。
とりあえずこのセッティングで乗ってみて調整ですなぁ。

Tacxのボトルケージ、Taoも個人的にアリな一品。
ケージは今まではトピークのモジュラーケージという商品を使ってました。クロスバイクの乗り始めに、一般のペットボトルと共用できるってことで買ったもので、ロードに乗り換えてからも移植して使ってましたが、今となってはペットボトルそのまま持ち歩くってことはまず有り得ないので、シンプルな奴に付け替えようと思っての交換。アルミ板の曲げ加工でできていて、色味的なマッチングという点ではやや微妙ですがシンプルなデザインで大変宜しいかと。
金積むとカーボン版もあるみたいですが、そこまではさすがに要らないっすわ…

ケージの交換に合わせてボトルも同じくtacx製のもので新調。同じブランド同士なので、入りにくかったりガバガバだったりすることもなく至極快適。
今回買った奴は生分解性プラスチックでできてるらしいので、うっかり落としてもいずれ自然に還ることでしょう。まぁ仮に落としても拾うでしょうけど。

ブレーキも効くという評判のSwissStop製のものに交換。アルミリム向けはGreenとBlackですが、セールだったのでGreenを選択。
別に現状に不満があるわけじゃないんですが、ブレーキは効いて困ることはないですし、一流の品ってのを使ってみたかったので。

サクっと交換作業を完了させたところで1時間程テストランに。
しりが痛い。けっこう痛い。フィットするポイントがある筈なんですが、どうにも座りが悪い。
走っては弄りを繰り返して、だいぶマシっていうポジションを見つけましたが、まだまだ暫定な感じ。ミリ単位で詰める作業が必要になりそうです。
明日は久々に師匠と霧降方面に修行の旅。エクストラに戻しといた方がいいか?とも思いましたが、まぁ何とかなっぺと思いそのままにしてしまいました。

この安易な決断が明日のツーリングを地獄へと突き落とすことになるのですが、それはまた後ほど。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA