2010.09.12 SMP formaセッティング(後編)

今日もサドルのセッティング。かれこれ2週間こればっかりです。
昨日サドル本体はかなりいい線まで行けた気がします。
下ハン持ったほうが楽という結果を鑑み、今日はコラムスペーサーを抜いて一気に15mmハンドルを下げました。
いつでも調整が効くように今日も工具持参です。

いつものように漕ぎ出しますが、ハンドル下がるとかなり操舵感が変わります。コントロールしやすくなりました。そういえばハンドルの高さは納車以来ほとんど変えてませんでした。まだ高さはスペーサー1個分下げられるので、様子を見ながら調整してみたいと思います。

今日は平坦地でLSDのつもりで鬼怒川CR方面に。南端の大道泉橋を目指します。
本日のポジションは非常に良い感じ。元々下ハン握った時に好感触だったことからも、前傾姿勢が前提のサドルなのだとは思いますが、今日はハンドル下げて更に前傾が増したことでバランスが最適化されたのか、本日はサドルが透明になった感あり。

マニュアルに、サドルの位置関係における要因として

・ペダルと比べたサドルの高さ
・ハンドルとサドルの距離
・地面に対するサドルの角度

の3点が挙げられていました。
今日はハンドルが下がったことで2番目の数値が適正値になったということでしょうか。
ともあれ、ベストに近いセッティングを発見したようです。これならなんぼでも走れる気がします。
そうは言いつつも、今日は降雨により50km位しか走ってないので、100km以上のロングディスタンスになった時どうかは未知数ですが・・・

ただ、尻の痛みが治まったのと入れ替えで、今度は手が痺れるようになってきました。特に小指に顕著。
サドルが薄くなった分、身体に衝撃がダイレクトで来ちゃってるんでしょうか。

ここはカーボンパーツ投入で事態の解決を図りたいところ。
既に第一陣は海を渡って入国待ちの筈。
到着が楽しみです。

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA