ジャパンカップ2010

朝練を途中で切り上げて事務所に撤収。

今日は仕事関係の友人Iさんがジャパンカップ観戦に来るので、最近すっかり埃をかぶってるクロスバイクを貸してチャリで会場入りしようという企画。
7時過ぎにはIさん到着のハズ…だったんですが電車が小金井止まりだったらしく、トランジットで多少時間ロスとの連絡。ちょっと仕事が入ったのでその間に作業して、いざ駅まで迎えに行くかと駐車場に行ったら、荷室に積んであるクロスバイクのフロントタイヤに異常発見。積み込む時に空気満タンにしたのに。
その場では空気入ったので、恐らくスローパンクではありますが、交換しないと危ないので急遽Iさんにはバスで来てもらい、その間にチューブ交換をすることに。
チューブを見ても特に傷は見当たらず、タイヤも特に異常なし。2年弱は経ってるチューブですが、経年劣化だったんでしょうか。

ともあれチューブは無事交換完了。タイミングよくIさんも到着したので本日2度目の古賀志へと出発。
さすがに朝と比べると自転車もクルマも段違いに多いです。
セブンを過ぎると歩きで会場に向かう人々も加わり、いよいよお祭りな感じが出てきます。

途中から自転車渋滞?に巻き込まれつつもなんとか会場に到着。
もう人多過ぎで田舎者にはちょっと辛いです。自転車止める場所にも難儀しつつ何とか駐車して、頂上付近でバル開店中のcorse4師匠のブースを目指します。
今回初めて歩きで古賀志林道を登りましたが、歩きでもキツいですねこの山。むしろ自転車の方がラクなような…。
うんざりしつつもなんとか頂上へ。

道沿いには人が鈴なりに。スゴい盛り上がりっぷりです。

去年は上に登れず、鶴カンや萩の道などで観戦してましたが、あの辺で観るのとはまるで違う雰囲気。
師匠セレクトのカメラ横というポジションも絶妙です。わたくしの下手な腕でもそれっぽい写真が撮れました。

山岳賞が掛かった周は応援のボルテージも俄然上昇。
3周目。ブリッツェン小坂vsドラパックポルシェ・パルマー。

6周目。クムサン福島vsまたもやドラパックポルシェ・パルマー。

このあたりから先頭にガーミンの5人中4人が上がってきて集団を引き始めてます。

8周目。ブリッツェン長沼のアタック。あまりの勢いに我々9周目かと勘違い。

9周目。ガーミンのマーティンがアタック。後続をかなり引き離して余裕の山岳賞。

10周目。マーティンに続いて上がってきたのはブイグ新城!

ファイナルラップもマーティンが独走状態。全く疲れの見えない圧倒的なクライムでした。

今回はマーティンの独走で早々に勝負が決まってしまいましたが、ガーミンはプロツアーでも好きなチームでジャージも持ってるぐらいなので、それでも大満足。
来年も楽しみです!

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA