2011.08.07 530朝練+霧降

昨日はツーリングの疲れもあり早々にダウン。
うっかり目覚ましのセットを忘れ、目覚めると既に4時半。これはいけません。
今日は師匠主催の霧降山岳練です。これは行っとかないと。
もう自走では間に合わないので、慌てて準備してバイクをクルマに積んで出発。事務所からスタートです。
かなりギリギリな感じでしたが、途中で同じく寝坊した師匠と合流してなんとか定刻にセブン到着。
今日も昨日に引き続き盛況です!

脚の方は意外と昨日の疲れが残っていなかったので、協定ライン通過後単独アタック。途中で追ってきてくれたTAKEさんとローテしながら逃げましたが、岩崎の手前の緩い登りで敢えなく御用に。やはりこの区間での逃げは成立させるのが難しいということでTAKEさんと一致しました。
GS手前から塾長とu5se4584さんが先行。師匠に牽いていただき(いつもすみません)坂の手前でなんとか合流。
先行する形で登りに入りましたが、u5se4584さんに捲られ、完全にヘタレたところを塾長にも躱されて3番手ゴール。。やはり登り口からポイントまで踏み抜くのは不可能なようです。もう少し仕掛ける場所を奥にしないといけませんね。

文挟の轍を踏んで、パインズ区間はじっと集団内に。長畑のS字でセレクションが掛かり、塾長、u5se4584さん、師匠と私の4人で林の中に。塾長の付き位置でひたすらマークし、最後のカープ手前でアタック。うまいこと逃げ果せました。

今日はバス停で折り返す予定なので、山久保区間が最終区間。塾長が先頭固定で平坦区間を牽き続けてくれたので脚を残した状態で登りに入ることができました。
ここでも塾長、u5se4584さんが速いですが、rqmdq437さんもガシガシと踏んで登り切ったところで先頭に!
登り返しでu5se4584さんが抜き返し、私はそこに続く2番手で最後の登りに。
一段目の登りをダンシングで凌いで、斜度が緩くなったところでシッティングでモガいて先頭に。何とかそのままトップ通過できました。この区間での攻防は本当に楽しいです!(キツいけど)

ここで小来川1周組とはお別れ。霧降組の私たちは昨日ツーリングで通った山久保のT字からの山道を越えて日光市街へ。紅一点のH口さんも日光まで同行してくれました。

コンビニでガツンとみかんと凍ったスポーツドリンクを補給。いざ霧降へ向かいました。
約1ヶ月ぶりの霧降。前回はタイムを大幅更新できましたが、今回はいかがなもんでしょうか。

序盤は塾長とランデブー走行。しかし、これが後々効いてきます。
滝の分岐を越えて、旧料金所の先でu5se4584さんが合流。3人で登っていきますが、大江戸温泉の先の斜度が上がるポイントで一気に脚に来てしまい失速。やはり前半のペースが自分的には速すぎたようです。程なく先行の2人は見えなくなり、そこからはマイペースで登れるようになったので心拍もメディオ域で落ち着きました。
暑さもあり前回ほどのスピードは維持できませんでしたが、それ以上の大崩れはせず何とか登頂。タイムは1’00’03″。ベストタイムから4分以上落ちましたが、この暑さの中だし及第点ということで。
六方沢でダベリング中、塾長は全域LSDで走っていたということを聞いて驚愕。あれだけ速くてLSDって!本気出したら一体どんなタイムが出てしまうんでしょうか?

登頂後、全員で大笹牧場まで下山。
下り区間で、師匠から下りのフォームの修正をして頂いてかなりコーナリングの不安感が払拭されました。
忘れないようにメモ。

1.視線は遠くへ
2.コーナリング時は外側の脚を突っ張る
3.コーナリング開始が遅いので、もっと手前から曲がるようにしてコーナー曲率を大きく取る

コーナリングフォームを撮影して頂いていたので、大笹牧場で見せてもらったところ、かなり改善された様子。
これは反復練習して身に付けねば!

下ってソフトクリーム休憩。

やはりここのアイスは美味い!

かなりマッタリしてしまいましたが、気合いを入れ直して再スタート。
まだ脚に多少の余裕があったので、六方沢まで登り返して、そこからの下りで早速反復練習をすることにしました。
皆さんは小百川方面からお帰りだったのでここからは単独走。
結構ハードな登りでしたが、空の青さには癒されました。

この区間はツールド日光のコースに設定されてますが、一番の難所になりそうな予感。

六方沢で記念撮影して、いざ下りへ。

先程のアドバイスが効いて、今までにない好ペース。初めてここの下りが楽しいと思えました。
これは何よりの収穫。師匠ありがとうございます!

下山後は日光街道〜例幣使街道と繋いでゴール。杉並木のお陰で涼しくて助かりました。

ちなみに、獲得標高がぴったり2,000mでした。気分良し!

今日は朝練も山岳練もキッチリ追い込めた上、苦手の下りもかなり克服できて盛りだくさんな1日でした。
皆さんありがとうございました!

You may also like...

6 Responses

  1. TAKE より:

    昨日はお疲れ様でした。
    文挟への逃げはかなり困難ですね。
    でも、無理と分かっていても自分を追い込むためにはいいのでしょうけどね。
    下りの改善、羨ましいです。
    修善寺もかなり下りの速度があがる話なので、無事に完走することがやっぱり一番望むところです。
    これからも頑張って楽しんでいきましょう!

  2. araboo より:

    > TAKEさん

    お疲れ様でした!
    文挟区間は、もう1、2人いれば逃げ切りも不可能ではない気もするので、いつかは達成してみたいものです。

    下りは自分で言うのも何ですが、相当改善された感じです!
    自分ではなかなかわからないところなので、アドバイスを頂けたのは本当にありがたい限りでした。
    今度お会いした時に学んだことをお伝えできればと思います。

  3. corse4 より:

    昨日はお疲れさん!帰りに一人旅、かなりの高温になっていたので、焼け焦げてないかと心配していましたが大丈夫のようでよかったです!
    おそらくコーナーリングに関してはルノークリオのサーキットのイメージが体に残っているのではないかと思ってみました。突っ込み重視でそこから強引に曲げていく。自転車のような2輪車はなるべく綺麗な弧を描くことが重要なのとクリッピングポイントに綺麗に寄れるかが必要なことですね。綺麗にクリップを取れればコーナーリング後半で姿勢が乱れてもリカバリーしやすいですし、小石や割れ目などあってもラインを変えやすいです。
    下りを安全にコーナーリングしていく。永遠のテーマですね。でも自信を持てたようで何より!ただし路面の綺麗な霧降は楽しいですが、路面の荒れた滝が原や小百などはさらに丁寧にね!

  4. araboo より:

    > 師匠

    こちらこそお疲れ様でした!
    意外と六方沢までは木陰が多くて涼しく登れました。帰りも日光街道〜例幣使街道だったので比較的直射日光は浴びずに済んで良かったです。

    コーナリングの件、確かにFF的な突っ込んでタックインなイメージで走ってました。それが染み付いてたんですね。
    六方沢からの下りでは曲率を大きく取ることを意識したライン取りで走ったところ、劇的に曲がりやすくなって目から鱗でした。
    まだまだ改善点だらけではありますが、本当に勉強になりました!ありがとうございました。
    調子に乗って飛ばしすぎないよう、安全運転でがんばります。

  5. rqmdq437 より:

    お疲れさまでした~。
    2日連続の山岳コースの上に、更にひとりで六方沢まで登り返してしまうと言うところがステキです。

    更に下りが速くなっちゃったら、どこまで速くなっちゃうのでしょう?

  6. araboo より:

    > rqmdq437さん

    お疲れ様でした!
    霧降側で下りの練習がしたかったのでがんばって登り返しましたが、結構厳しい登りですよね〜。
    13日の試走でもここが一番しんどいんじゃないかと。
    さすがに山岳練2連発はキツかったようで、昨日今日は朝練できませんでした…。

    下りはスピードはともかく、心の余裕が出来たので安心して走れるようになったのが大きいです。
    まだまだ練習あるのみですが、いかんせん登らないと下りの練習もできないのが難しいところです(苦笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA