2010.08.29 530朝練からの霧降山岳練

師匠のブログを見たら、週末は霧降〜もみじの山岳練に行くとの記事を発見。
せっかくなので志願。

前々から話を聞いてた早朝5時半練に途中まで参加して行くとのこと。
霧降行く前にハードなのかましちゃって、果たして持つのか、オレの体力&脚。
5時半に田野のセブンに行くには真岡から自走するとすると4時過ぎには出なきゃ間に合わないので、事務所に前泊。

なんとか4時半に起きて師匠宅に集合、田野のセブンに。
すんごい人数がいらっしゃいました。12人。
オレ今まで2人以上で走ったことないんですけど!6倍!!
軽く気後れしつつスタート。

したっけまぁ皆様速いのなんの。
あっという間に心拍MAX。早々に千切れて文挾の水飲み場に到着。
再スタート後も全く付いていけず、本日のランタン・ルージュ確定。
この辺から昨日交換したSMP Formaが牙を剥き始めました。

坐骨がしりの肉とレーパンのパッドを突き抜けて直接サドルにゴリゴリしてる感触。
昨日のセッティングランではあんまり距離乗らなかったので気がつかなかったのか…
サドル下げたり前後位置ずらしたりしましたがしっくりくるポジションは見つからぬまま霧降に。

勢い良くスタートしたとこまでは良かったんですが、最初の登りであっさり師匠に捕まりそのままオーバーテイク。
次に師匠の姿を見たのは六方沢でした…。

シッティングで登るとしりが痛くなるので、ダンシングを多用して登っていきますが、そうすっと今度は体力が持たず。
滝の分岐あたりで脚が攣りはじめ、完全にグロッキー状態です。
サドル調整を繰り返しつつひとケタ台の超スローペースでよろよろと登ってくオレ。
とっくに登頂してるであろう師匠はいったいどうしてるだろうか…ソフトバンクは登り始めてからずっと圏外で通話不能。
結果、師匠から遅れること40分(!)で登頂完了。
ひとえに練習不足と体重増の賜物です。ホントにすみませんでした。

大笹牧場で休憩して栗山方面に。散々登ったのでルートは下り基調ですが、下りは下りで遅いオレ。
ここでもだいぶ待たせてしまいました。
あまりの惨状を見かねた師匠にサドル交換していただくも、既に尻痛MAXであまり変化なし。
さんざ待たせて申し訳ないと思いつつ、もみじ入り口の所でリタイア宣言。


力強くもみじラインを登り始る師匠を見送り、鬼怒川方面に向かいました。

下り基調のコースにも助けられ、しりの痛みと戦いつつなんとか宇都宮に到着。
今日は自転車乗り始めて一番やっつけられました。もっと距離乗って、体重落とさないとダメですな。
サドルも調整して乗りこなしてあげないと可哀想というもの。

課題がたくさん見えて、いい勉強になった一日でした。

You may also like...

1 Response

  1. 2011.4.4

    […] 。 530朝練に初参加したのも、夏の霧降山岳練に向かった日。自分的に色々と思い出深い場所です。 前回はコテンパンにやっつけられたので、なんとか今回はリベンジしたいところです。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA